トップページ写真・情報館>キハ66・67系車両ページ

キハ66・67系列車アイコン キハ66・67系列車(国鉄色)アイコン   キハ66・67系近郊型気動車   (所属:九州旅客鉄道株式会社)     
    Kiha66-67series Diesel Multiple Unit   (Kyushu Railway Company)      

  Copyright(C) 2017 Tr.takadaka All Rights Reserved
  当ホームページの文章の引用・転載は厳禁です。画像の持ち出しは、バナーを除き、一切禁止です。

  写真や列車アイコン等の他への画像使用の際は、ご一報下さい。




マナーを守りましょう マナーを守りましょう














  車両情報Train Information   シーサイドライナーロゴ情報の正確性は保障できません。参考程度にご覧ください。

車両データ表

 元々、福岡の非電化区間の輸送強化の為に誕生しました。長く同区間の輸送を任されていましたが、同区間の電化により、現在配属されている大村線に転属しました。
 車両自体は登場当初から今まで大きな改良はなされていないため、現在と大きな差はありません。
 尚、ボディカラーは九州急行色(白地に青帯)を経て、現在のシーサイドライナー色(青地に赤ドア)に変わりました。


車 両 名 キハ66・67系近郊型気動車
所   属 JR九州(九州旅客鉄道株式会社)
製造会社 新潟鐵工所(現・新潟トランシス)
富士重工業

在籍車両 2両編成14本(28両):長崎事業部長崎運輸センター
M T 比 ----
運   用 普通列車(長崎本線 長崎-諫早間)
普通列車(大村線 諫早-早岐間)
普通列車(佐世保線 早岐-佐世保間)
快速<シーサイドライナー>
 (長崎本線、大村線、佐世保線 長崎-佐世保間)

動   向 1編成がハウステンホ゛スカラーに塗色変更(2010年8月)
1編成が国鉄色に塗色変更(2011年3月)

動向予想 当面の変更はなし

詳   細 (外観)
 他の地方路線用国鉄近郊形気動車(キハ40など)に類似した外観になっています。
 車体は青地を基本とし、乗降ドアのみ赤色に塗装されています(トップナンバー編成は、国鉄急行色)。
 中央部に上側に”SEA SIDE LINER”の文字、下側に”KYUSHU RAILWAY COMPANY”の文字があり、ドア横の下側にシーサイドライナーのロゴが、上側に”SEA SIDE LINER”との文字が白で記されています。

(車内)
(窓)
 各座席当たり1つの上下分離式の古めかしい二枚窓が設けられています。ドア両隣の固定式一枚窓以外は、開閉可能です。各窓に縦スライド式カーテンが設置されています。
(天井)
 天井には裸蛍光灯と古めかしい大きな空調が取り付けられ、凹凸が激しく旧式らしいものになっています。皮革はロングシート部のみ取り付けてありますが、数が少ないためあまり使われていません。

(座席)
 転換式クロスシートを基本とし、ドア部付近にロングシートを備えています。色は車両により様々ですが、青紫のものが一般的です。
 全てのクロスシートに取っ手があり、傘掛けや手すりとして活用されています。


(ドア)
 2枚の赤い両開きドアが設置されています。
 幅は比較的広く、乗降口には段差があります。ドアチャイムも設置されています。


(運用)
 長崎運輸センターに製造された全車15編成30両が所属し、大村線を中心に長崎・佐世保線で快速<シーサイドライナー>や普通列車として2両編成(多客時4両)で運用されています。
 それに合わせ、ワンマン運転対応に改造されました。
車両の隅々まで見ることができます より詳細な写真を見れます。
Car Data
Kiha66series was born to strengthen the transport capacity of Fukuoka in old days.
Kiha66series achieved the role for a long time.
But electric car were introduced into their afterwards.
So Kiha66series moved Omura Line.Kiha66series run there now.
A vehicle was not repaired and does not change so far.
But the body color turned into Sea Side Liner color(blue body and red door).

Car Number Kiha66-67series Diesel car
Company JR Kyushu(Kyushu Railway Company)
Maker Niigata Transys Co.,Ltd.
Place 28 car :Nagasaki Transportation Center
Area Local service(Nagasaki Line Nagasaki-Isahaya)
Local service(Omura Line Isahaya-Haiki)
Local service(Sasebo Line Haiki-Sasebo)
Rapid service<Sea Side Liner>
  (Nagasaki, Omura and Sasebo Line Sasebo-Nagasaki)
編成表
編成番号 キハ67 キハ66
1※ 1※ 1※
2 2 2
3 3 3
5 5 5
6 6 6
7 7 7
8 8 8
9 9 9
10※ 110※ 110※
11 11 11
12HTB 12 12
13 13 13
14 14 14
15 15 15
←佐世保           長崎→
※…国鉄色編成
HTB・・・ハウステンボス色
全車、長崎運輸センター所属

2016.03現在

  Copyright(C) 2017 Tr.takadaka All Rights Reserved
  当ホームページの文章の引用・転載は厳禁です。画像の持ち出しは、バナーを除き、一切禁止です。

  他への画像使用の際は、ご一報下さい。
















  車両写真Train Photo  シーサイドライナーロゴ    (写真をクリックすると、別ウィンドウで拡大表示されます。)

JR九州キハ67系シーサイドライナー
長崎に転属後、シーサイドライナー色(青地に赤ドア)に変更されました。このシーサイドライナー色で13編成が活躍しています。
キハ67-3
JR九州キハ67系シーサイドライナー
青い車体色が、大村湾に沿って走る大村線で映えます。また、赤いドアが良いアクセントになっています。
キハ67-3 + キハ66-3
タイトル:キハ66系
場所:早岐駅
日時:2009.05.04
Title:Kiha 66 series
Date:May 4, 2009
Place:Haiki Sta.
タイトル:キハ66系(編成全体)
場所:早岐駅
日時:2009.05.04
Title:Kiha 66 series
Date:May 4, 2009
Place:Haiki Sta.
JR九州キハ67系旧車両車内
標準的な編成の車内です。紫色の座席で、落ち着いた色使いです。壁は、淡い緑色です。国鉄車両独特の車内ですが、クロスシート採用などの差があります。
JR九州キハ67系シーサイドライナー車内
1世代前に標準的であった車内です。座席の色のみが異なります。それだけで、暗く感じます。座席以外には大きな差はありません。
タイトル:キハ66系(キハ67-2)
場所:車内
日時:2010.03.06
Title:Kiha 66 series
Date:March 6,2010
Place:In the car
タイトル:キハ66系(キハ67-6)
場所:車内
日時:2010.03.04
Title:Kiha 66 series
Date:March 4,2010
Place:In the car
JR九州キハ66系国鉄色
国鉄色とシーサイドライナー色の混色編成です。キハ66系の4両編成は少ないので、このような混色編成は珍しいです。諫早駅で待機中の写真です。
   
タイトル:キハ66系混合編成
場所:諫早駅
日時:2010.10.24
Title:kiha 66 series
Date:October 24, 2010
Place:Isahaya Sta.
   

   国鉄色
JR九州キハ67系国鉄色

シーサイドライナー色が基本のキハ66系列において、唯一の国鉄色編成です。貴重な特別編成です。
キハ67-1
JR九州キハ66系国鉄色

クリーム色に朱色という伝統的な色使いになっています。シンプルですが、明るい色使いにも感じられます。
キハ67-1 + キハ66-1
タイトル:キハ66系国鉄色
場所:佐世保駅
日時:2010.03.03
Title:Kiha 66 series (JNR Color)
Date:March 3,2010
Place:Sasebo Sta.
タイトル:キハ66系国鉄色
 (編成全体)
場所:諫早駅
日時:2010.10.24
Title:Kiha 66 series (JNR Color)
Date:October 24, 2010
Place:Isahaya Sta.

   ハウステンボスライナー色
NEW
JR九州キハ67系ハウステンボス色
ハウステンボスの宣伝のために、2010年に塗り替えられました。こちらも1編成のみの塗り替えで、珍しい編成となりました。
キハ67-12
NEW
JR九州キハ67系ハウステンボス色
オレンジ、黒、白の明るい色使いで、華やかな編成です。車両の各所に、ハウステンボスの文字やロゴが入っています。
キハ67-12 + キハ66-12
タイトル:キハ66系ハウステンボスライナー
場所:佐世保駅
日時:2010.08.10
Title:Kiha 66 series(Huis Ten Bosch Liner)
Date:August 10, 2010
Place:Sasebo Sta.
タイトル:キハ66系ハウステンボスライナー(編成全体)
場所:佐世保駅
日時:2010.08.10
Title:Kiha 66 series (Huis Ten Bosch Liner)
Date:August 10, 2010
Place:Sasebo Sta.
JR九州キハ67系ハウステンボスライナー車内

ハウステンボスライナーの車内です。座席や壁等には大きな差はありません。しかし、座席にオレンジのカバーが掛けられ、明るい車内に感じられます。
タイトル:キハ66系ハウステンボスライナー(キハ67-12)
場所:車内
日時:2010.08.10
Title:Kiha 66 series (Huis Ten Bosch Liner)
Date:August 10, 2010
Place:In the car
車両の隅々まで見ることができます より詳細な写真を見れます。列車ロゴ、座席、内装、ドア等

  Copyright(C) 2017 Tr.takadaka All Rights Reserved
  当ホームページの文章の引用・転載は厳禁です。画像の持ち出しは、バナーを除き、一切禁止です。

  他への画像使用の際は、ご一報下さい。